So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

神仏両界護摩法要が富岡八幡宮で執り行われました。

阿含宗は、釈尊の仏教を信仰していますが、敬神崇祖の思いを持ち関東別院 東京地区の方々によって、平成5年より毎月、富岡八幡宮境内の清掃修行を継続的に行い、今年で25年を迎えるそうです。

清掃修行を通じて、江戸時代の文化4年(1807年)に起きた永代橋崩落橋梁事故を知り、この度、永代橋崩落溺死者成仏供養・富岡八幡宮御神徳高揚・江東区地域安全祈願が阿含宗本山 岡田靖英少僧都により神仏両界護摩法要が執り行われました。
IMG_1236.jpg
富岡八幡宮の丸山聡一宮司をはじめ神職の方々、神輿総代連合会の山﨑修会長、各総代の皆様と一緒に参加をさせていただきました。




 

nice!(1)  コメント(0)